大阪府堺市 統合医療動物病院 なら うさぎ フェレット 亀 インコ 対応のキキ動物病院

高齢疾患外来

  • HOME »
  • 高齢疾患外来

ご予約、お問い合わせはこちらまで。電話番号、072-276-3555。

高齢疾患外来。統合医療のキキ動物病院。

高齢化社会はペットの世界にも訪れました。1990年には家庭の犬の平均寿命は8.6歳、猫の平均寿命は5.1歳でした。それが2017年には犬の平均寿命は14.19歳、猫の平均寿命は15.33歳となっています。この30年ほどで犬の寿命は約2倍、猫の寿命に至っては約3倍となったのです。

高齢化に伴って癌や腎不全、心不全などの病気で命を落とす動物が多くなったのはヒトと同様です。

高齢でおこる病気に対してはそれぞれの病気に対する治療だけでなく、体の内部環境を若返らせる治療も平行して行うことが重要になります。


腎不全、心不全、腫瘍、癌、認知症、糖尿病、運動器疾患

高齢でおこる病気はいろいろとありますが、共通して①NAD+の急激な減少、②CD38(老化促進物質)の急激な増加が原因としてあります。これによりミトコンドリア機能を傷害し、老化や病気が引き起こされます。

2011年、ワシントン大学教授の今井眞一郎先生が、マウス実験で糖尿病に劇的な治療効果を上げた、ある物質の存在を世界で初めて報告しました。

(今井眞一郎先生
ワシントン大学医学部発生生物学部門・医学部門(兼任)教授。専門は哺乳類における老化・寿命の制御メカニズム、および科学的基盤に立脚した抗老化方法論の確立。)

それからのちに、その物質「NMN」は糖尿病に限らずさまざまな臓器や眼、さらには脳などの老化に伴う症状を改善すると判明しました。しかも、不思議なことに、この物質を投与されたマウスの器官は、若いころの状態にまで、ほとんど修復されていました。

「この4、5年で、老化や寿命のシステムの解明に非常に大きな進歩がありました。どういう機能が、老化によって低下するのかわかってきたのです。そのなかで、NMNの投与が、全身の機能を保持し高めるのに劇的な効果があると判明してきました」

このNMNは現在、「若返りの薬」としてさまざまな分野で注目を浴びています。
例えば、米国でこの物質を研究するハーヴァード大学博士のポーヘン・アーは、美容業界からの注目をこう語りました。
「われわれの研究によって、NMNには実際に若返りの効果があることが判明しています。NMNを酵母で生成すれば、毒性はありません。皮膚につけることも食べることもできます。石鹸やローションのような日用品として使えるのです」

今井教授はNMNをこう説明します。

「NMNとは、ニコチンアミド・モノヌクレオチドという物質の略称です。ビタミンB3からつくられる物質で、わたしたちが身体の機能を保つのに必要なNADという物質に変換されます。老化すると、このNADという物質が各臓器で減少する一方で、NMNを体内でつくる能力も減少していくと判明しています」

「NMNの使い方はふた通りあると考えています。ひとつは、病気になったときに、多量のNMNを使って病気の症状を改善させる『治療薬』としての使い方です。もうひとつは、日常的にNMNを摂取することで、老化とともに自然と低下する身体機能を補正する、いわば『予防薬』としての使い方です」

「マウスでの結果を踏まえると、人間は50代後半から60代のあたりでNMNをつくる能力が落ちてくると予想されるので、その少し前から“補充”するのがよいかと思います。逆に、20代から30代には充分にその能力がありますから、必要ないと思いますね」

高齢疾患それぞれの病気に対する特異的治療に加えてNMNを併用することによって疾患が効率的に治療できる可能性があります。

また、NMNの効果によって細胞レベルで若返ることも期待できます。

この治療は犬、猫だけではなく、エキゾチックアニマル(うさぎ,小鳥,フェレット,爬虫類,ハリネズミ,チンチラ,ハムスター,両生類,魚類,など)にも適応できます。

他にも


  • ホルモン補充療法
  • 重水素減少療法
  • 再生医療
  • 温泉療法
  • 血液バイオフォトセラピー
  • オゾンナノバブル療法
  • 高濃度ビタミンC点滴療法

など、抗老化効果を発揮する治療法によって高齢疾患に立ち向かいます。


健康診断

高齢での健康診断は若いときよりも重要です。定期的に健康診断を受けることで病気の早期発見ができ、取り返しのつかない病状に進行することをさけることができます。

また、病気が早期に発見できれば、進行した状態よりも治療費は安くなることが多いです。

ある程度年齢を重ねれば健康診断を定期的に受けることをおすすめします。

堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大阪府堺市キキ動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.