うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

 

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ専門治療の病院による、歯科疾患についての解説です

こんにちは。
大阪府堺市の うさぎの病院 、キキ動物病院です。

今回はうさぎさんの歯が伸びすぎているときに気を付けることや、不正咬合の色んな症状に有効なプラセンタ療法についてです。

うさぎさんの歯の特徴

うさぎさんの歯は犬や猫とまったく異なっていて、常生歯(じょうせいし)、もしくは無根歯(むこんし)と言います。

うさぎさんの歯は一生伸び続けるという性質を持っているからです。

正常ではうさぎさんの上顎歯(じょうがくし。上の歯)と、下顎歯(かがくし。下の歯)がうまく擦り合わさる(咬合。こうごう)することによって、適度な長さと適度な形に自然と調整されています。

上の歯と下の歯が噛み合わさらない状態のことを不正咬合といいます。

以下、不正咬合の写真です。
うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎさんの不正咬合を疑う症状

うさぎさんがいったん不正咬合になってしまうと、歯が過剰に長く伸びてしまったり、歯の先端がとがってしまうことがよくあります。

この結果、いろんな症状をうさぎさんに引き起こすことになります。

うさぎさんの不正咬合を疑う症状を並べておきます。

食欲不振(食べない)

うさぎさんが食欲不振(食べない)ときは、不正咬合の可能性を考えてください。うさぎさんの食欲不振の原因で非常に多いのが不正咬合です。

うさぎさんは食事量が減ると、消化管運動が低下して、さらに食欲不振がひどくなる傾向があります。少しの食欲不振でも一気に負のスパイラルに突入して重篤な状態となることも珍しくありません。

うさぎさんの食欲不振(食べない)は軽度であっても準緊急状態と思って対応したほうが安全です。できるだけ早めに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

うさぎさんの食欲不振(食べない)に関してはこちらにも解説してあるので、参考にしてください。

ウサギの食欲不振(食べない)と救急サイン:前編【大阪府堺市の動物病院】

うさぎの食欲不振(食べない)と救急サイン:中編【大阪府堺市の動物病院】

うさぎ の食欲不振(食べない)と救急サイン:後編【大阪府堺市の動物病院】

食べるのが難しい(草をくわえても食べれずにポロポロおとす)

元気がない

流涎(りゅうぜん。よだれ が垂れている)

(以下、よだれ が垂れている時の写真です。)

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

口周りの皮膚炎(湿性皮膚炎 口回りが赤い)

口の周りの汚れ

歯ぎしり

歯ぎしりはうさぎさんがうれしいときにもするのですが、どこかが痛い時や苦しいときも歯ぎしりをします。注意して欲しいのが、歯ぎしりしているうさぎさんをみてうれしいときと誤解してしまう場合です。意外とよくみられるので注意してください。

一つの目安として、目やに や涙目や涙やけ(目の周りがぬれている)がないかどうかチェックしてください。歯ぎしりをしていても目やに や涙目や涙やけ(目の周りがぬれている)などがみられるようなら、それはうれしいだけでなくて不正咬合が隠れている場合も多いです。

うさぎさんの歯ぎしりに関してはこちらも参考にしてください。

うさぎの 歯ぎしり で病気の7パターンの特徴と対処法【うさぎの病院】

歯の外見の変化(前歯が伸びすぎている)

口をもぐもぐする

くしゃみ

うさぎさんはいくつかの原因でくしゃみをしますが、不正咬合でくしゃみをすることも非常に多いです。

こちらにも うさぎさんの くしゃみ について解説しているので、参考にしてください。

くしゃみ やスナッフルは歯の不正咬合が原因?【大阪 堺 の うさぎ 病院】

目やに や 涙目(流涙症)や涙やけなど

うさぎさんが目やに や 涙目(流涙症)や涙やけ などの目の異常を抱えている時も不正咬合が隠れており、不正咬合の治療が必要なときが非常に多いです。

うさぎさんの目やに についてはこちらでも詳しく解説しているので、参考にしてください。

目の病気 うさぎの目やにはどんな病気で起きる?【うさぎの病院】

膿瘍 顔面や下顎周囲の腫脹(顔や顎あたりが腫れている)

うさぎさんの顔や顎の周囲にできた膿瘍は、不正咬合が関係していることが多いです。その場合は不正咬合の治療が必要です。

うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

上の写真は下顎膿瘍(かがくのうよう)でアゴが腫れているときに、膿瘍を切開している様子です。

こういった症状がウサギさんにみられたら、動物病院に連れて行ってあげてください。

うさぎさんの膿瘍に関して詳しい解説はこちらです。参考にしてください。

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市の うさぎ の 病院】

うさぎ さん、不正咬合の症状が出ないことも…

ここで注意が必要なことは、こういった症状がなくても不正咬合がないとは
限らないということです。

つまり、不正咬合があっても症状が全くない場合も多いということです。

この場合、(一見)無症状で元気に過ごしていますが、いきなりピタッと食べなくなったりという症状がでることも多いです。

我慢していたのですね。

不正咬合は我慢しているとどんどん進行してしまいます。

具体的には症状がでていなくても、定期的に歯の処置を動物病院でしてもらわないと、症状がでるまでの期間が短くなってきます。

そうすれば、医療費がどんどん高くなるという、負のスパイラルに陥ってしまうことがあります。

我慢していると顎の骨が変形していくからですね。

変形した骨は元にはもどりません。

うさぎ さんの不正咬合は、早期発見がトク

不正咬合を疑った場合は、たとえ元気で食欲があったとしても、
早めに動物病院に連れて行ってもらった方が、長い目で見れば、結局医療費が安くなりますし、うさぎさんの健康もより良く維持できます。

プラセンタ療法のススメ:統合医療に詳しい動物病院で受診を

不正咬合を含めて、うさぎさんの歯の病気には、プラセンタ療法を併用すると相乗効果をあげられる可能性が高いです。

スイスの研究所が開発した、ヒト・プラセンタ製剤を使った、歯科の臨床論文がありますが、そこでは歯肉炎と歯槽膿漏(しそうのうろう)に大きな効果が
あったと報告されています。

同様に、いろんな動物の口内炎で効果が高いことを確認しています。

うさぎさんにも、歯科疾患でのプラセンタ併用療法は効果が高いです。

うさぎさんの歯科疾患は口内の問題だけでなく、胃腸の問題も併発することが多く、その問題への対処もプラセンタがカバーしています。

もちろん、生体は複雑で、100%効果があるという魔法のような治療法は多くないですし、プラセンタですべてが対処できるとは限りませんが、試してみる価値は十分にあります。

ただし、プラセンタ療法は併用する薬剤や投与経路、投与量などによって有害作用がでることもあるので、うさぎさんへのプラセンタ療法をよくわかっている先生にお願いするといいと思います。



大阪堺うさぎ病院

キキ動物病院
072‐276‐3555
大阪府堺市中区深井北町117‐3

うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
にほんブログ村