うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

 

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ専門治療の病院による、歯科疾患についての解説です

こんにちは。
大阪府堺市の うさぎの病院 、キキ動物病院です。

今回はうさぎさんの歯が伸びすぎているときに気を付けることや、不正咬合の色んな症状に有効なプラセンタ療法についてです。

うさぎさんの歯の特徴

うさぎさんの歯は犬や猫とまったく異なっていて、常生歯(じょうせいし)、もしくは無根歯(むこんし)と言います。

うさぎさんの歯は一生伸び続けるという性質を持っているからです。

正常ではうさぎさんの上顎歯(じょうがくし。上の歯)と、下顎歯(かがくし。下の歯)がうまく擦り合わさる(咬合。こうごう)することによって、適度な長さと適度な形に自然と調整されています。

上の歯と下の歯が噛み合わさらない状態のことを不正咬合といいます。

以下、不正咬合の写真です。
うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎさんの不正咬合を疑う症状

うさぎさんがいったん不正咬合になってしまうと、歯が過剰に長く伸びてしまったり、歯の先端がとがってしまうことがよくあります。

この結果、いろんな症状をうさぎさんに引き起こすことになります。

うさぎさんの不正咬合を疑う症状を並べておきます。

食欲不振(食べない)

うさぎさんが食欲不振(食べない)ときは、不正咬合の可能性を考えてください。うさぎさんの食欲不振の原因で非常に多いのが不正咬合です。

うさぎさんは食事量が減ると、消化管運動が低下して、さらに食欲不振がひどくなる傾向があります。少しの食欲不振でも一気に負のスパイラルに突入して重篤な状態となることも珍しくありません。

うさぎさんの食欲不振(食べない)は軽度であっても準緊急状態と思って対応したほうが安全です。できるだけ早めに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

うさぎさんの食欲不振(食べない)に関してはこちらにも解説してあるので、参考にしてください。

ウサギの食欲不振(食べない)と救急サイン:前編【大阪府堺市の動物病院】

うさぎの食欲不振(食べない)と救急サイン:中編【大阪府堺市の動物病院】

うさぎ の食欲不振(食べない)と救急サイン:後編【大阪府堺市の動物病院】

食べるのが難しい(草をくわえても食べれずにポロポロおとす)

元気がない

流涎(りゅうぜん。よだれ が垂れている)

(以下、よだれ が垂れている時の写真です。)

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

うさぎ の歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

口周りの皮膚炎(湿性皮膚炎 口回りが赤い)

口の周りの汚れ

歯ぎしり

歯ぎしりはうさぎさんがうれしいときにもするのですが、どこかが痛い時や苦しいときも歯ぎしりをします。注意して欲しいのが、歯ぎしりしているうさぎさんをみてうれしいときと誤解してしまう場合です。意外とよくみられるので注意してください。

一つの目安として、目やに や涙目や涙やけ(目の周りがぬれている)がないかどうかチェックしてください。歯ぎしりをしていても目やに や涙目や涙やけ(目の周りがぬれている)などがみられるようなら、それはうれしいだけでなくて不正咬合が隠れている場合も多いです。

うさぎさんの歯ぎしりに関してはこちらも参考にしてください。

うさぎの 歯ぎしり で病気の7パターンの特徴と対処法【うさぎの病院】

歯の外見の変化(前歯が伸びすぎている)

口をもぐもぐする

くしゃみ

うさぎさんはいくつかの原因でくしゃみをしますが、不正咬合でくしゃみをすることも非常に多いです。

こちらにも うさぎさんの くしゃみ について解説しているので、参考にしてください。

くしゃみ やスナッフルは歯の不正咬合が原因?【大阪 堺 の うさぎ 病院】

目やに や 涙目(流涙症)や涙やけなど

うさぎさんが目やに や 涙目(流涙症)や涙やけ などの目の異常を抱えている時も不正咬合が隠れており、不正咬合の治療が必要なときが非常に多いです。

うさぎさんの目やに についてはこちらでも詳しく解説しているので、参考にしてください。

目の病気 うさぎの目やにはどんな病気で起きる?【うさぎの病院】

膿瘍 顔面や下顎周囲の腫脹(顔や顎あたりが腫れている)

うさぎさんの顔や顎の周囲にできた膿瘍は、不正咬合が関係していることが多いです。その場合は不正咬合の治療が必要です。

うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

上の写真は下顎膿瘍(かがくのうよう)でアゴが腫れているときに、膿瘍を切開している様子です。

こういった症状がウサギさんにみられたら、動物病院に連れて行ってあげてください。

うさぎさんの膿瘍に関して詳しい解説はこちらです。参考にしてください。

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市の うさぎ の 病院】

うさぎ さん、不正咬合の症状が出ないことも…

ここで注意が必要なことは、こういった症状がなくても不正咬合がないとは
限らないということです。

つまり、不正咬合があっても症状が全くない場合も多いということです。

この場合、(一見)無症状で元気に過ごしていますが、いきなりピタッと食べなくなったりという症状がでることも多いです。

我慢していたのですね。

不正咬合は我慢しているとどんどん進行してしまいます。

具体的には症状がでていなくても、定期的に歯の処置を動物病院でしてもらわないと、症状がでるまでの期間が短くなってきます。

そうすれば、医療費がどんどん高くなるという、負のスパイラルに陥ってしまうことがあります。

我慢していると顎の骨が変形していくからですね。

変形した骨は元にはもどりません。

うさぎ さんの不正咬合は、早期発見がトク

不正咬合を疑った場合は、たとえ元気で食欲があったとしても、
早めに動物病院に連れて行ってもらった方が、長い目で見れば、結局医療費が安くなりますし、うさぎさんの健康もより良く維持できます。

プラセンタ療法のススメ:統合医療に詳しい動物病院で受診を

不正咬合を含めて、うさぎさんの歯の病気には、プラセンタ療法を併用すると相乗効果をあげられる可能性が高いです。

スイスの研究所が開発した、ヒト・プラセンタ製剤を使った、歯科の臨床論文がありますが、そこでは歯肉炎と歯槽膿漏(しそうのうろう)に大きな効果が
あったと報告されています。

同様に、いろんな動物の口内炎で効果が高いことを確認しています。

うさぎさんにも、歯科疾患でのプラセンタ併用療法は効果が高いです。

うさぎさんの歯科疾患は口内の問題だけでなく、胃腸の問題も併発することが多く、その問題への対処もプラセンタがカバーしています。

もちろん、生体は複雑で、100%効果があるという魔法のような治療法は多くないですし、プラセンタですべてが対処できるとは限りませんが、試してみる価値は十分にあります。

ただし、プラセンタ療法は併用する薬剤や投与経路、投与量などによって有害作用がでることもあるので、うさぎさんへのプラセンタ療法をよくわかっている先生にお願いするといいと思います。

 

うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

 

うさぎ の不正咬合関連画像集・動画集

ここからはおまけでツイッターやインスタやYou Tubeから不正咬合関連画像や動画を集めてみました。参考にしてください。

目やに 涙目 涙やけ 流涙症

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

relax 💤🌿😴 #Malocclusion #不正咬合

ミエさん(@miekayo)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐰🏥😢 * ⚠️長文,備忘録 最近おまめの右目から涙が出始めたのと、くしゃみをする回数がやたらと多いので17日(月)に通院してきました。 まず、くしゃみの原因は左下の歯が1本グラグラになっていた事。これを抜歯してもらいました。もうくしゃみは治るはずだよ!と。 この不正咬合の影響で、反対の右の頬の辺りに膿瘍が出来ておりました。根尖膿瘍(こんせんのうよう)という病気。 これが厄介で、切開手術で取らないといけないとの事。 膿は細かいところまで根を張っていくらしく、再発する事がほとんどだと。その為、完治は難しいと聞かされました。 * 来週23日(日)に手術の予定です。 予防出来なかったものなのだろうかと責任を感じてメソメソ。でも、病気をしたからって不幸ではない! おまめを幸せにする事が大事。 上手に付き合っていかなきゃいけない病気だから、きっとまた繰り返す事になると思います。 けど、おまめは食欲もあるし以前の鬱滞での激痩せから見事に体重も戻って体力はあるし、今回の手術で出来るだけ残さず膿を取り除いて欲しいなと願います。 * おまめにしてあげられる事、何より命を守る事、必要なものは全てやり遂げるつもりです。 術後のケアもしっかり教わって、おうちで目一杯の愛情を注いでいくからね。 私が選んで家族になってくれたおまめ。 とってもまぬけで面白くて、いつも笑わせてくれるおまめを必ず守ります!! メソメソしてらんない!! けど、ちょっぴり落ち込んでしまってなかなかインスタにもpost出来ずにおりました😅 おまめは今とっても元気で、部屋んぽでも走り回ってイタズラして甘えんぼしてゴロンして、通常の生活を送ってます🐰 手術日まであと3日。 * #通院記録 #根尖膿瘍 #不正咬合 #病気なんかに負けない #おまめ #まめすたぐらむ #うさぎ #うさぎ部 #ミニうさぎ #フロスティ #闘病日記 #うさぎのいる暮らし #頑張るんだ

おまめさん(@oh__beans)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【通院30日目・入院】 車の中で順番待ちのロップさん🚙💨 * 今日から入院になりました🏥🐰 * 3日前から下痢が続き、目ヤニも酷くなっていて、表情も元気がないです😔(写真でも目ヤニがひどいです) * 先生は👨🏻‍⚕️「悪いところは、口内炎だけしか確認できないのに、食欲不振があまりにも長く続いてしまっている。 口内炎だけでこんなに長引くのはあまり考えられなくて少し不安だから、しばらくうちで預かって様子を見て、短期集中で治してみましょう」とのことでした。 * * 食欲不振が長引くと、 肝臓の負担もますます大きくなり 抵抗力が弱くなって ロップ本人も辛いため “短期集中”で治すのがいちばん良いとかーちゃんも思い、病院にお願いすることにしました👩🏻 * * そして正直、、 ロップの看病に限界を感じていました…😔 下痢続きなので、朝からケージを洗ったり、汚れたフローリングを拭き掃除をしたり、ロップの体に付いてしまった汚れを綺麗にしてあげたり…💦 ご飯も1人じゃ食べられないし、強制給餌してもお腹を下してしまうので、とても不安でした😔 * * 入院では、 お腹の調子を見て、調整しながら強制給餌したり 静脈に点滴を入れたりしてくださるそうです💉🏥 (外来では皮下点滴しかできないのですが、入院では静脈点滴ができるそう。静脈点滴は栄養補給ができるので、腎臓に直接アプローチできるそうです) * * 3日間程度の入院の予定なので、明日から面会に行きます🚙💨 早くロップが元気になりますように❗️ * * Lop was hospitalized🏥😔 From 3 days ago, he has diarrhea, obscurity and looks not cheerful. His veterinarian said. 👨🏻‍⚕️”I can only find stomatitis, I can not find any other cause, his loss of appetite has lasted for quite a long time. It’s unlikely that anorexia will so prolonged solely due to stomatitis. So I will take care of him for a while and examine his physical condition in my hospital. Let’s treat it in short term focus!” * ※応援コメントありがとうございます‼️ かーちゃんは返信できる余裕がありませんが、 ありがたく大切に読ませていただいています🙇‍♀️💓 Thank you for your supportive comments. I can not reply, but I am gratefully reading. * #ロップ様#入院#田園調布動物病院#通院30日目#闘病中#不正咬合#口内炎#食欲不振#皮下点滴#静脈点滴#ホーランドロップ#うさぎ#hollandlop #rabbit#rabbitstagram #hospitalization

Lop mama♡さん(@lopmama._.10)がシェアした投稿 –

よだれ 湿性皮膚炎 関連

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

薬を塗る前にカサブタを取り、消毒して、ティッシュで拭いて乾かして、塗り薬を塗ってみました。(カサブタついてると、見た目が痛々しくて載せませんでした💧)口角のあたりから顎の下あたりまでまんべんなく🐰周囲の毛はベタベタするけど仕方ないかな💧塗布後は気になって舐めようと必死なカレンです(笑)カサブタを取る以外は暴れないので、塗るのは問題なし🐰早く治すぞー!そして早速水飲み環境を見直すためにパソコン前でにらめっこ😳 #うさぎ #ウサギ #フレンチロップ #frenchlop #rabbit #rabbitstagram #大型うさぎ #湿性皮膚炎

双葉と兎娘。さん(@futaba_0322)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちゃも爺🐰 調子が悪くなってから2週間が経ちました。走り回る元気はあるんですが、口をずっとモグモグさせる、食べるとオエッとなる、ヨダレが出る状態が続いてて、今日病院に行ってきました。奥歯が伸びてて舌が傷ついてるのが原因だろうとの事でした。麻酔をかけるリスクはありますが、食べたいのに痛くて食べれない状態が続くのも心配なので、明日歯を削る処置をする事にしました🏥 ・ 体重は2.4キロで2週間前から減っていなかったので、痛いのに頑張って食べてたんだと思います😢来月で7歳!まだまだ元気で長生きしてほしい。絶対うまくいくと信じて治療頑張ります🙏#うさぎ#うさぎ部#ウサギ#ライオンラビット#うさぎのいる暮らし#うさぎのいる生活#うさぎと暮らす#不正咬合#ペット#癒し#rabbit#bunny

うさぎのちゃもファミリーさん(@nchamoshi)がシェアした投稿 –

くしゃみ 関連

歯ぎしり関連

 

 

大阪堺うさぎ病院

キキ動物病院
072‐276‐3555
大阪府堺市中区深井北町117‐3

うさぎの歯科疾患(不正咬合)と プラセンタ 療法~くしゃみ 歯ぎしり 目やに 食欲不振(食べない) よだれ 涙目【大阪府堺市のうさぎ病院-キキ動物病院】

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
にほんブログ村