うさぎ 専門治療病院なら、キキ動物病院

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市のうさぎの病院】

 

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市の うさぎ の 病院】

うさぎ専門治療の病院による、膿瘍 の解説です

うさぎの 病院、大阪府堺市のキキ動物病院です。

うさぎさんはヒトなどの生き物と同じように、ばい菌と戦ううちに膿(うみ)ができることがあります。
このとき、膿がおおきくなってくると 膿瘍 (のうよう)と呼ばれる状態となります。

今回はうさぎさんの 膿瘍 についての解説と、プラセンタ 療法や オゾン療法 や 漢方薬 などを併用した、統合医療・代替医療についてです。

うさぎ さんになぜ、膿瘍 ができるのか

うさぎさんの体に膿ができるときは、菌と戦っている結果なのですが、人間と違って、うさぎさんは菌を完全にやっつけてしまおうとはしません。

人間であれば、免疫細胞が体内に侵入した菌に対して攻撃して、やっつけてしまいますが、うさぎさんは菌を完全にやっつけようとはせずに、隔離してしまおうとします。

菌と正面から戦うと、うさぎさんもダメージを受けるので、戦いを最小限にして、菌だけを密室に閉じ込めてしまうのです。そうしてできあがるのが 膿瘍 です。

うさぎさんの 膿瘍 には薬が効きにくい?!

うさぎさんの 膿瘍 は菌をとじこめておくために、壁は分厚く頑丈につくられています。

この分厚く頑丈な壁が薬(抗生剤)が密室の中の菌にとどくのも、妨げてしまうために 膿瘍 には薬が効きにくいのです。

なので、うさぎさんに 膿瘍 が一度できてしまうと非常に治りにくく、症状がでて治療して、治まって、また症状がでてきて治療して。。。という繰り返しになってしまうことが多いのです。

細かい生理学の話をすれば、膿瘍を形成したうさぎさんは好中球の殺菌能力と超酸化作用が弱くなることが分かっています。

つまり、うさぎさんは膿瘍を形成するほど病態が進行すると、細菌をやっつける本来の力が弱くなってしまう。

その結果、膿瘍が自己治癒力では治せなくなり再発もしやすくなるということです。

 

さて、うさぎさんにできる 膿瘍 の種類なのですが、どういったものがあるのでしょうか。

  • 歯科関連 膿瘍
  • 皮下 膿瘍
  • 肺 膿瘍
  • 虹彩 膿瘍(目の膿瘍)
  • 骨・関節 膿瘍
  • 鼓室胞 膿瘍(耳の膿瘍)
  • 消化管 膿瘍
  • その他の 膿瘍

大まかには上記のような 膿瘍 があります。

今回はこの中でも うさぎさんの 膿瘍 で一番多いタイプの、  ① 歯科関連 膿瘍 について解説します。

うさぎ さんの歯科関連 膿瘍 とは

動物病院 で診るうさぎさんの中では、断トツに多いのがこのタイプです。

インターネットなどで見つかる うさぎさんの 膿瘍 の情報のほとんどが、このタイプの 膿瘍 のことです。

うさぎさんの歯科関連 膿瘍 は膿む場所によって

・根尖(こんせん)周囲 膿瘍
・眼窩下 膿瘍
・涙のう(るいのう)蓄膿
・鼻腔(びくう) 膿瘍

などに分かれます。

この中で最も多いのは根尖周囲 膿瘍です。

根尖とは歯の根元のことで、上顎(じょうがく)臼歯の根尖が膿んでくると目が飛び出してきます。上顎臼歯の根尖は眼窩(目の下)に近いからです。

同じように、下顎(かがく)臼歯の根尖が膿んでくると、下あごが腫れてきます。
うさぎさんの歯科関連 膿瘍の原因としては、不正咬合 によって尖った臼歯(奥歯)の先が頬っぺたを傷つけて、それが膿んでしまうことが多いです。

以下、臼歯の 不正咬合 の写真です。
うさぎの膿瘍とプラセンタ療法とオゾン療法と漢方薬。大阪府堺市のキキ動物病院。臼歯過長

臼歯過長。うさぎの膿瘍とプラセンタ療法とオゾン療法と漢方薬。大阪府堺市のキキ動物病院

他に、不正咬合 の うさぎさんは、歯が自然な長さにならないので、(臼歯が刺さっている)顎の骨に負担をかけて、顎の骨が膿んでしまうこともあります。

以下の写真は下顎が膿んでいるときの うさぎさんの 膿瘍 です。

下あごが 膿瘍 で腫れています。
また、洗浄のために小切開された部分から白い膿が見えます。
下顎膿瘍。うさぎの膿瘍とプラセンタ療法とオゾン療法と漢方薬。大阪府堺市のキキ動物病院

膿んで腫れているのに、元気食欲には問題がないことも多いですが、だからといってほっておけば、あご骨の変形・崩壊がどんどん進んでしまいます。

あご骨の変形や崩壊が進めば進むほど、膿瘍 は広がり、治療しても再発までの時間が短くなっていきます。

つまり、ほっておけばウサギさんの生涯治療費が高くなってしまう可能性が高くなります。もちろん、うさぎさんの生涯を通じた健康は、大きくマイナスとなります。

顔周りが腫れているのを発見したら、元気食欲があったとしても、早めに動物病院に連れて行ってあげてください。

オゾン療法、プラセンタ療法、漢方薬 などの、統合医療 が有効!

治療には切開排膿や消毒、抗生剤の投与などの一般的治療以外に、オゾン療法 や プラセンタ 療法や 漢方薬 などを併用すると、相乗効果で治療成績が向上します。

うさぎさんに対して、オゾン療法 や プラセンタ 療法、漢方薬 などの、標準医学以外の治療を施してくれる 動物病院 は多くはないので、かかりつけが オゾン療法 や プラセンタ 療法や 漢方薬 などを扱っていたら相談してみてください。

(ただし、うさぎさんに与える薬は同じ薬であっても、うさぎ以外の犬猫などに与えた時と、まったく効果や副作用が違う場合があります。
うさぎさんの治療に精通している 動物病院 で、相談してください。)

まとめ

今回は うさぎさんの 膿瘍 についての解説と、うさぎ の 膿瘍 に、プラセンタ 療法や オゾン療法 や 漢方薬 などの統合医療は、有効である。というお話でした。

うさぎさんの 膿瘍 を疑えば、うさぎ さんは我慢していることも多いので、早めに 動物病院 で診てもらってくださいね。

 

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市の うさぎ の 病院】

 

膿瘍のうさぎ関連動画集と写真集

ここからはおまけでツイッターやYou Tubeから引用した うさぎさんの膿瘍関連動画や写真集です。参考にして下さい。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019.06.04 膿のなかを洗浄。 pic②はパンパンのもうひとつの膿。 もうすぐ出てくるね。 ・ 洗浄はいまだに慣れなくて 穴が…!穴があいてる!って鳥肌立ちながら触ってます(゚д゚lll)笑 ・ と記録用に写真撮ってみたら こまめさんえへへって笑ってない? ひーひー言ってるわたしを笑ってるのかな。 実はこまめさんよゆーなの!?笑 ・ ・ #膿瘍 #こまめ #こまめさん #10歳 #平成20年生まれ #シニアうさぎ #ツンデレ #ツンが強い #うさぎ #usagi #ラビット #bunny #ホーランドロップ #ふわもこ部 #bunnystagram

コマメコさん(@co.ma.me.co)がシェアした投稿 –

この上の写真は2枚目がわかりやすいです。>ボタンで見れます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

麦ちゃん 今日病院で左のホッペの膿を出してもらいました。 2枚目からの画像は痛々しいので、スルー🆗 最初に痛み止めの注射💉が、凄く痛いそうですが、麦ちゃんクリア👏偉いね。 メスで切って、ホッペを少しずつ押され、すると、ゴボッ、ゴボッと濃い膿が出てきました。 前回、注射器で穴を開けて膿を出した時とは、比べ物にならないくらいの膿でした。大きさも倍以上です。 注射器で洗浄している時にも、膿が出てきます。 麦ちゃん、ほんとに我慢強く偉かったですよ💕 お家に帰って来ると、走り出して牧草を食べに、えっ?あれ?ペレットじゃないの?🐰 それも、嬉しいことです。😊 病院では泣くのを我慢(偉い笑) 今思い出しただけでも涙が止まりません。ほんとによく頑張ったね麦ちゃん💕明日からまた洗浄に、も少し頑張ろうね。 うさぎちゃんは元気に走り回って、イタズラしてるのが一番ですね。 気温の変化などで、体調壊されませんように🙏 #麦ちゃん #膿瘍 #我慢強い #頑張ったね #愛おしい #ロップイヤー #うさぎと暮らす #うさぎ部 #うさぎのいる生活 #ふわもこ部 #可愛い #長生きしてね #病院 #大好き

恵美🐰麦さん(@r.fs.k.r)がシェアした投稿 –

下の写真はうさぎさんの眼窩膿瘍です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・ ‪きゃしーのおめめの状態。‬ ‪痛々しいので苦手な方ごめんなさい💦‬ ・ ‪1枚目 目頭にある傷が昨日切開して排膿したところ。信じられないくらい膿が出まくってました。目からも少し出てる。‬耳もまた腫れ始めてます。 眼球も傷ついてます。 ‪2枚目 わかりにくいかもですが…耳の付け根から目の裏側をとおり目頭にかけてまで膿があるので、眼球が圧迫されて目が飛び出てる。 ちなみに排膿前はもっと飛び出てた😭 ・ これからしばらくは週2くらいで通院して排膿の処置をしてもらう予定です🏥 ・‬ #うさぎ #ウサギ #ホーランドロップ #うさぎ好きさんと繋がりたい #うさぎのいる暮らし #うさぎのいる生活 #高齢うさぎ #ホーランドロップのきゃさりん #きゃさりん #bunny #rabbit #hollandlop #lovebunny #bunnylove #mybunny #bunnystagram #膿瘍 #abscess #headtiltbunny #oldbunny #oldrabbit #斜頸 ではないけど斜頸のような症状と闘ってます #11歳 #11yearsold

maria_fuwaさん(@fuwafuwa_maria)がシェアした投稿 –

下の写真は斜頸・ローリングから角膜潰瘍、角膜穿孔にいたり、目の膿瘍(前房蓄膿や虹彩膿瘍)にまで進行したものと推測できます。しばしばみかけるパターンです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐨きゃしーお家でのおめめの処置 ・ 膿で瞼に蓋がされてしまうので優しく剥がします。 表面のカピカピをとったら、瞼の上下を優しくムニムニすると膿がどぅるどぅる出てきます😱 出せるだけ出して、周りを綺麗にしたら眼軟膏を塗って終わり! (軟膏塗るところ時間足りなくて切れてしまった💦) ・ 毎晩膿出ししても次の日にはこの状態。 でも毎日出てくれてるだけきっといいのでしょうね。 ・ 終わったあとは頑張ったご褒美のレーズンです🍇✨ ・ 今は抗生物質の飲み薬と眼軟膏が処方されてます。 眼軟膏は膿にというより傷ついてしまった目にという感じ🤔…だったかな?確認します! ・ #うさぎ #ウサギ #ホーランドロップ #うさぎ好きさんと繋がりたい #うさぎのいる暮らし #うさぎのいる生活 #高齢うさぎ #ホーランドロップのきゃさりん #きゃさりん #bunny #rabbit #hollandlop #lovebunny #bunnylove #mybunny #bunnystagram #膿瘍 #abscess #headtiltbunny #oldbunny #oldrabbit #斜頸 ではないけど斜頸のような症状と闘ってます #11歳 #11yearsold

maria_fuwaさん(@fuwafuwa_maria)がシェアした投稿 –

 

大阪堺のうさぎ病院

キキ動物病院
072‐276‐3555
大阪府堺市中区深井北町117‐3

うさぎ の 膿瘍 と プラセンタ 療法と オゾン療法 と 漢方薬 【大阪府堺市の うさぎ の 病院】

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
にほんブログ村