鳥の痛風(脚をあげる、握力低下、止まり木から落ちる、脚にできもの、など)【大阪府堺市の動物病院】
痛風という病名を聞いたことがある方も多いと思います。人でも起こるのですが、鳥にも発生します。非常に強い痛みがあり、風が吹いても痛いというところから痛風という名前がついたようです。
痛風は尿酸が沈着する病気ですが、尿酸が沈着する場所によって大きく分けて関節痛風と内臓痛風に分かれます。
鳥の内臓痛風は生前に診断するのが難しく、実際には突然死という形で現れることが多いです。
鳥の関節痛風は高齢のセキセイインコでよくみかける問題です。
初期には食欲・元気に異常がなく、見過ごされることが多いのですが、症状としては
・脚の挙上
・跛行(びっこをひく)
・握力低下
・活動量の低下
・止まり木から落ちる
・止まり木をつかみたがらない
などに気づくことがあります。
鳥の関節痛風は進行してくれば脚に白い結節(できもの)がはっきりとしてきます。
さらに進行すれば関節がうまく動かなくなるので、歩き方がロボットのようにぎこちなくなります。この状態になれば治療してもあまり延命できないことが多いです。
鳥の内臓痛風については発見が難しくても関節痛風はよく観察すれば初期に発見できることもあります。
鳥の痛風は治療が遅くなれば寿命が短縮することが多いので、上記のような症状が見られたら早めに動物病院に連れていってあげましょう。
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555