大阪府堺市 統合医療動物病院 なら うさぎ フェレット 亀 インコ 対応のキキ動物病院

うさぎ 最新専門治療と統合医療

  • HOME »
  • うさぎ 最新専門治療と統合医療

うさぎの難病でお困りの方、一度ご相談ください。予約・お問い合わせ

うさぎ 最新専門治療病院・統合医療動物病院 堺市・和泉市・大阪市・岸和田市


うさぎ 最新専門治療なら、大阪堺市キキ動物病院へ

大阪のウサギ診療動物病院。食欲不振・不正咬合・血尿のことならキキ動物病院にご相談ください。

うさぎ の難病、食欲不振、歯科疾患、不正咬合、血尿、斜頸、エンセファリトゾーン、うっ滞のことならキキ動物病院にご相談ください。


うさぎ の統合医療対応の、全国でも珍しい動物病院です

うさぎ

うさぎ には、プラセンタ療法やオゾン療法や漢方薬などの、統合医療・代替医療が有効な場合が少なくありません。

標準医学に統合医療を併用することで、相乗効果があらわれて標準医学だけで治療するよりも大きく改善することも多いです。統合医療によって標準医学による副作用(たとえば、うさぎ の胸腺腫に対するステロイド治療など)をかなり軽減できることも多いです。

ただし、うさぎ に薬剤を使用するときは、他の動物と同じようにはいかない場合も多く、使用量・併用薬剤・投与経路などによって効果や副作用も変わります。

そのため、全国的にも、うさぎに統合医療を施している動物病院は、多くはありません。

キキ動物病院では、豊富な治療実績をもとに、うさぎ に統合医療も施しています。標準医学では改善しない症例でも、統合医療を併用することで治療成績が向上することも多くあります。

難治性疾患でもご相談いただければ、考え得る限りの治療法を提示いたします。難治性疾患でもあきらめないで一度ご相談ください。


うさぎの癌治療も最先端医療を導入

うさぎに対する癌治療の選択肢は標準医学の範疇では非常に少ないのが現状です。うさぎに対しては他の動物と違い、抗がん剤も大きな効果が見られないことが多いからです。

キキ動物病院ではうさぎの癌治療に最先端の治療戦略を用いており、治療選択肢が多くなりました。

癌の治療法は3大治療法(抗がん剤、放射線療法、手術)がメインとされています。

そこに第4の治療法として免疫療法が加わりました。最先端の免疫療法『自家腫瘍ワクチン療法』で治療成績が向上します。同じく、近赤外線を使用した光免疫療法も効果を押し上げます。また、医療機関でしか入手できない超高濃度プラセンタも通常のプラセンタ以上の効果を発揮します。第三世代MAF治療も免疫力を向上させるのに非常に有用です。

これに加え、最先端の再生医療や癌遺伝子治療、抗がん剤の効果を高めて副作用を減弱させるインスリン増感療法、温熱療法、ホルミシス療法、オゾン療法、血液バイオフォトセラピー、高濃度ビタミンC療法、抗がん漢方、水素療法、重水素減少療法、ホモトキシコロジー、メディカルハーブ、オーソモレキュラー療法、NMN療法(抗老化遺伝子活性化)。

そして、最先端がん治療のオゾンナノバブル療法。コロイドヨード療法、フェロトーシス。

また、医療機関でしか入手できない特殊なサプリメント、丸山ワクチン、栄養療法など。

癌治療はひとつの治療法だけではうまくいかないことがほとんどです。上記の癌治療を組み合わせることで癌治療成績が飛躍的に向上しました。


癌の最先端検査リキッドバイオプシー

がんの幹細胞検査

これまでがんというのは、遺伝子変異によって制御されないがん細胞が発生し、それが増殖したり、転移したりすることで体内に広まっていくと思われていました。しかし、がん研究が進み、がん細胞の中に、「循環腫瘍細胞(CTC:Circulating Tumor Cell)」と「循環幹細胞(CSC:Circulating Stem Cell)」というものが微量ながら存在することが分かりました。そして、このCTCとCSCが血中を巡り、他の部位や臓器に転移したり、細胞増殖し、完治したと思っていた病状を再発させていることが判明しました。
このことにより、本当に治療をするべき標的が分かったため、従来の治療に補足が必要となり、治療方法が一変する可能性が出てきました。

循環腫瘍細胞(CTC:Circulating Tumor Cell)とは抹消血循環腫瘍細胞のことです。初期のがん細胞から遊離したもので、血流に入り循環することによって離れた器官に、がんを広げる可能性があります。

循環幹細胞(CSC:Circulating Stem Cell)とはがん幹細胞様細胞といい、幹細胞のことです。これが再発、転移の大元で、がんの根源といわれています。上記の循環腫瘍細胞(CTC)の多くは、この循環幹細胞(CSC)の要素を有しています。

つまり、循環腫瘍細胞(CTC)の多くは、癌の幹細胞としての性質があるということです。この癌の幹細胞を叩かない限り、どれだけ表面に見える癌細胞を手術で取り除いても数年経って再発ということがおこるのです。
(ちなみに、うさぎの子宮腺癌の術後にこの現象は非常によくみられます。手術で完全に切除できて状態も良くなって2年経過して安心していたら、いきなり再発して1ヶ月も経たないうちに亡くなってしまうという経過です)
この循環腫瘍細胞(CTC)を調べることができるCTC検査によって、血中の循環腫瘍細胞の数を測定することにより、再発・転移の予測、術後にどれくらい治療が必要かの判断の目安が得られます。

キキ動物病院ではこのCTC検査を導入しました。
腫瘍の治療戦略がガラッと変わります。

腫瘍で困っていたら、一度ご相談ください。


うさぎは病気の早期発見・早期治療で、健康寿命が大きく変わります

うさぎ は(どんな病気でも)状態が悪くなれば食欲が低下します。そして、うさぎが食欲がなくなれば危険です。一般に思われている以上に早く危篤状態に進行します。

また、うさぎ は症状を隠すのが上手で、異常に気づいたときには病気が進行していることもよくあります。食欲があって元気にみえても、実は重度の貧血を抱えているということもよくあります。

その場合は、ちょっとしたきっかけで一気に状態が悪化し、そのまま亡くなってしまうこともあります。こういったことはうさぎの診察ではよく遭遇します。

以上の特徴を踏まえると、病気の早期発見・早期治療のためには、動物病院で診てもらうことに早すぎることはありません。少しでも異常に気づいたときは、動物病院で診てもらうことをおすすめします。

特に食欲不振は緊急状態に陥ることも多いので、早く動物病院に連れていってあげてください。場合によっては数時間で亡くなってしまうことがあります。

うさぎ にいつまでも健康に長生きしてもらうためには、健康診断で臼歯のチェック、レントゲン検査で胃腸の状態を調べることも非常に重要になります。

キキ動物病院ではそれらすべてに対応しているので、うさぎ の健康状態のことで気になることがあればまずはお電話ください。


うさぎを動物病院に連れて行くサイン

・24時間食べているところを見ていない(準緊急状態)
・呼吸が速い・呼吸異常(緊急状態)
・血尿(緊急状態)
・腹部膨満(緊急状態)
・背弯姿勢(緊急状態)
・虚脱(緊急状態)
・便の量が極端に少ない(準緊急状態)
・削痩(準緊急状態)
・後ろ足がヘンな方向に向いている (準緊急状態)
・斜頸(準緊急状態)
・白内障(準緊急状態)
・尿失禁(準緊急状態)

・目が飛び出している
・歯ぎしり
・嗜眠
・沈うつ
・被毛粗剛
・肛門周囲が汚れている
・下痢
・便の大小不同
・変形した便
・毛でつながった便
・涎
・しこり


特に緊急状態・準緊急状態のときのサインは要注意です。

というのも、うさぎ が緊急状態・準緊急状態にもかかわらず、元気食欲があることがよくあるからです。

たとえば、うさぎ が血尿のときには元気食欲は正常であることも多く、そんなときに油断して様子をみていると、いきなりお腹の中で大量出血して突然死することがあります。

元気食欲があっても、緊急状態・準緊急状態のうさぎのサインは、早めに動物病院に連れていってあげてください。

また、緊急状態・準緊急状態でないサインだからといって、ほっておいていいことはありません。

たとえば、うさぎ が歯ぎしりをしているときは歯が痛いときもありますが、お腹がものすごく痛くて歯ぎしりをしていることもあります。このときは緊急状態となります。数時間でなくなってしまうこともあります。

上にあげたサインは一つの目安にして、あくまで基本方針は、なにかあれば動物病院に早めに連れて行くようにしてあげてください。


定期歯科健診のすすめ

うさぎの胃のうっ滞は飼い主さんがいつも不安に思っている病気だと思います。

うさぎの胃のうっ滞は重症化すれば毛球症(イレウス、完全閉塞)となって命に関わる事態となります。
毛球症だけでなく、急性胃拡張も問題です。

これらの胃の問題は数時間前まで元気だったのに、突然おこってしまって対処が遅くなると死亡率が非常に高いことが問題です。

うさぎの胃のうっ滞の原因を整理して理解しておくことで胃のうっ滞がおこりにくい環境をつくることができます。

では、うさぎの胃のうっ滞の原因を以下にあげます。
・過剰なグルーミング(毛繕い)
・異物摂取
・低繊維質のエサ
・運動不足
・胃炎
・ストレス
・ドカ食い
・痛み(疼痛)
・不正咬合

過剰なグルーミング(毛繕い)によって毛玉が胃の中でできやすくなり、詰まってしまう
というわけですが、これに対してはさらに要因を細かくみることができます。
・長毛種か短毛種か
・換毛期
・冬
・暇

長毛種だと短毛種よりも胃の中で毛玉ができやすくなるので、要注意です。

換毛期は当然毛球症を警戒したほうがいいです。

なぜか冬は毛球症が多発します。
気温が下がることで体温が下がり、胃腸の蠕動運動(食べ物をお尻の方に押し出す腸管運動)が弱くなるのかもしれません。

そして、暇だとグルーミングをする時間が増えます。
その結果、毛玉ができやすくなります。

まとめると、長毛種・換毛期・冬はブラッシングをまめにしてあげて、掃除回数も多くして毛を口にする量を減らすように意識する。

さらに、暇にならないように遊んであげたり、一人遊びできる環境(おもちゃ、広さ、など)を注意してあげることです。

不正咬合についても少し補足説明します。
胃腸の蠕動運動を悪くする要素に、食べ物が大きく粒が粗かったり、なかなか消化できない塊(プラスチックの異物など)などがあります。
つまり、不正咬合のため口の中であまり牧草をすりつぶせないと、胃の中で毛玉に絡め取られて雪だるま式に毛玉が大きくなってしまうということです。
さらに、消化できない状態で胃腸に長時間食べ物や異物があると、蠕動運動が弱くなります。

なので、症状がでていなくても歯科健診を動物病院で定期的に受けて歯の処置をしてもらうことは、突然の胃腸トラブルで死亡するリスクを大きく減らせることになります。

この内容を参考にして、ぜひ突然の胃腸トラブルを減らしてほしいと思います。


キキ動物病院のうさぎ治療実績レポート・病気の解説・Q&Aよくある質問

ウサギの治療実績レポート、病気の解説記事はこちら

うさぎの治療法など、よくある質問はコチラ


院内のご紹介

キキ動物病院の院内は、大切なペットのために、明るく清潔な環境を徹底しております。

待合室ではキキ動物病院公式ツイッターをご覧になってお楽しみください。

キキ動物病院受付写真

キキ動物病院待合室写真

キキ動物病院手術室写真

キキ動物病院診察室写真


キキ動物病院へのアクセス

現在地からの行き方、経路案内を、Googleマップで調べる場合はこちら

堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大阪府堺市キキ動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ご予約・お問い合わせはこちら