ウサギの避妊・去勢手術【大阪府堺市の動物病院】
以前うさぎの避妊手術の重要性をお伝えしました。
2歳以上の避妊していない雌ウサギでは、生殖器や乳腺の腫瘍の発生率が非常に高いので、早期に避妊しましょうという内容でした。
他の避妊手術のメリットとしては避妊手術によって攻撃性が減少し、飼いやすくなることもあることが挙げられます。
ではウサギの去勢によって得られるメリットはどんなものでしょうか。
雌ウサギが生殖器関連の腫瘍ができることがあるのと同様、雄ウサギの精巣にも腫瘍ができて生活の質が悪くなることがあります。
まず去勢することによって精巣腫瘍を未然に防ぐというメリットがあります。
他には雄ウサギを去勢するとなわばり意識が弱くなり、尿や糞でのマーキング行為が減少し、他のウサギと争うことも少なくなるというメリットがあります。
ウサギの避妊・去勢の時期としては4~6ヶ月歳がいいとされています。
これ以降でも高齢でなければ手術はしてあげた方がよいでしょう。
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555