鳥の触診1(発情・卵詰まりの確認)【大阪府堺市の動物病院】
獣医が鳥を診察する上で常に念頭にあるのが卵塞(卵つまり)です。
飼鳥の寿命を著しく短くしている最大の原因は卵塞を含めた繁殖関連疾患になります。
鳥の繁殖関連疾患は発情によって生じることが多いため、発情の抑制が重要です。
鳥は卵をつくるのが早く、一日以内に卵をつくってしまいます。
ということはお腹に触って卵が確認されてから24時間以内に卵が出てこなければ卵塞といえる状態ということです。
鳥の症状がなにもないとしてもお腹に触って卵を確認してから24時間経過していれば産卵を促すための何らかの処置を開始しなければいけません。
卵塞(卵つまり)の鳥はまったく症状がない状態から突然死することがあるためです。
逆に卵があることがお腹に触れてわかってからまだ24時間以内で、しかも元気ならあせる必要はありません。このときに無理して病院に連れて行けば移動のストレスでかえって卵塞(卵つまり)をまねいてしまう可能性があります。
慣れない間は動物病院でお腹の卵のチェックの仕方を教わるといいですね。
慣れると家でもできるようになります。
特に雌が発情期になれば毎日チェックする必要があります。
(余談ですが、発情しているかを判別するために発情行動を指標にするのはわかりにくい方法です。というのは発情していなくても発情行動は起こりますし、逆に発情しているのに発情行動が起きないこともあるからです。 )
他にも触診で肥満度が分かったり、腫瘍などを発見できたりするので、鳥の定期的な健康診断は大事になります。
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555