アトピー性皮膚炎と食事【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。
今日は食べ物に含まれる有害物質の除去についてです。
人間、動物を含めた生き物は外部から栄養を取らないと
生きてはいけません。
食べ物からは生命エネルギーを得る以外にも
短期的なメリット、長期的なメリット、
短期的なデメリット、長期的なデメリットの
4つの視点でみることが大事ではないかと個人的には
思います。
と、さっそく今回の本題から外れそうになってしまいましたが笑
現在、生き物が主食としている食べ物からは短期的なメリットも
長期的なメリットも得られることが多いと思いますが、
有害物質が体内に蓄積してしまう長期的なデメリットも
あります。
たとえば農薬などの薬品が食品に入っていて、
その悪影響が少しずつ体内に溜まっていくような問題です。
アトピー性皮膚炎などは、それらの蓄積性の毒性によって
病状が根治しない体質を形成している可能性があります。
(アトピーだけでなく、ガンなどの難病の多くは
蓄積性の毒性は大きな問題となっている可能性が高いです)
オーガニック食品や無農薬などの品質の良い食品を
心がけていても、実際にはそればかりでは生活費が
かかりすぎて難しいという家庭も多いのではないかと思います。
健康維持の観点から言っても、
現在の健康食品にはわかっていないことが
多すぎて(特に長期摂取のデメリットについて)
食品の数を絞れば絞るほど見えないリスクが
高くなりすぎます。
確かに、
オーガニック製品を買えば、食品経由による農薬への暴露は
減らせますが、それでも残留農薬が完全にないというわけでも
なさそうです。
ある調査では、有機栽培の穀物のサンプルのうち11%から
残留農薬が検出されています。
これから残留農薬を除去する方法について、
2つの方法を検討します。
まず1つめは
①5パーセントの酢酸につけること
です。
こうすることで、ある種の残留農薬の
大半は除去できることがわかっています。
しかし、注意点として
5%の酢酸液を薄めてしまうと効果が
激減してしまうことがわかっています。
大量の酢酸液原液を使用するのは現実的ではないので、
酢酸液を水で薄めて、さらにその液に
長時間(30分以上)つけておくと良いと思います。
ときどき混ぜるとさらに良いと思います。
もう一つは
②10パーセントの食塩水につけること
です。
この方法も①と同じくらい効果があることが
わかっています。
この2つを組み合わせて
10%の食塩水に数滴のお酢を混ぜたものに
食材を漬け込むことが一つのアイデアとして
あります。
健康増進・維持したいペット、医療費削減したいペット、
特にアトピーに困っている動物
(もちろん人でも)に効果的で
お金もかからないので、
食べ物をあたえるときの前処理として
ご家庭でお試しください。
キキ動物病院
072-276-3555
大阪府堺市中区深井北町117-3
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村