「年末年始の救急対応」トイプードルの異物誤飲誤食(異物を飲み込んだ・異物を食べてしまった・吐く・えずく・吐き気)【大阪府堺市の動物病院】
あけましておめでとうございます。
今年もみなさまと動物たち、すべての命がおだやかに健康にすごせますように。
キキ動物病院では年末~元旦にかけて急患対応していました。
その中で、毎年お正月に多いのは、異物を飲み込んでしまうという事故。
多くの場合、飼い主さんが認識しています。
ただ、症状はまちまちです。
すごくしんどそうに吐いている子もいれば、
ケロッとしている子もいます。
今日はトイプードルがなにか飲み込んだかも、ということで来院。
レントゲン検査で確かに映る異物。
飼い主さんはこの子がなにを飲み込んだか、わからない様子。
検査ではわりと大きな異物に見えたのですが、
実際手術してみると、少し焦りました。
というのは、思ったよりも異物が小さくて、
なかなか見当たらなかったのです。
胃内から摘出されるのは、プラスチックの破片ばかり。
術前の検査で引っかかってきているものとは違う。。。
(プラスチックはレントゲンではっきりとは映らないので、
違うと分かります)
術前の検査では確かに胃内にあるので、何度も胃内を確認しました。
すると。。。
ありました!
胃の奥のほうに、思ったよりも小さな金属片がありました。
こんなこともあるのだなと勉強になった症例でした。
異物.JPG こんなの、飲み込んじゃうんだな~
美味しそうだったのだろうか。
年末年始の異物誤飲の緊急手術
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555