エーラス・ダンロス症候群(EDS)疑いの犬(ミニチュア・ダックス)【大阪府堺市の動物病院】
今回はちょっと珍しい症例をご紹介しましょう。
この症例(ミニチュアダックス、3歳、♀)はとくに思い当たる原因はなく、首輪のあたりの皮膚が裂けてしまったと主訴で来院。
エーラスダンロス症候群?.JPG
写真は裂けてしまった部位
病理学検査などは特に実施していませんが、皮膚がもろく、伸びやすい特徴からエーラス・ダンロス症候群(EDS)の疑いが強いと判断しました。
エーラスダンロス症候群? (2).JPG
写真は引っ張ると容易に皮膚が伸びる様子
EDSはコラーゲンの形成異常からいろんな病態を引き起こす難病です。
ヒトの医学では診断は経験豊富な医師でないと難しいとあります。
ヒトの医学においてEDSは6つの型に分類していますが、動物では古典型を疑うことが多いです。
EDS疑いの動物はまれに遭遇しますが、最近はウサギで症例数が増加している印象があります。
この症例では慎重に裂けた部位の皮膚を縫合したのですが、それでも再び同部位で裂けたので、再縫合しました。そのあとは再発はないようです。
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555