卵詰まり (2).JPGのサムネイル画像
写真は開腹手術で摘出した卵管・卵巣・卵
亀のたまご詰まりと健康診断【大阪府堺市の動物病院】
亀はなにかのきっかけに卵がお腹に詰まってしまうことがあります。
亀の卵塞でよくある原因はストレスです。
亀の産卵前に飼育環境を変えてしまったり、輸送を行なったなどのストレスがかかった場合や、産卵場所が無い場合などに正常な産卵が行われずに卵詰まりを起こすことがあります。亀の卵が通常よりも大きすぎる場合や変形している場合などにも卵詰まりをおこします。
亀の卵塞は症状として食欲不振や元気消失などがみられます。後肢で土を掘るような仕草が亀に数日みられたあと、ぐったりしたり食欲がなくなることが多いです。亀はお腹に卵をたくさん抱えていると周囲の神経を圧迫して後肢の動きが悪くなることもあります。
亀の卵詰まりをそのまま放置しておくと二次的に腎不全を引き起こして死に至ることもあります。
亀はメスだけの飼育でも無精卵を生むことがあり、卵詰まりを起こすことがあることに注意してください。
外見では亀の卵詰まりはわかりにくいので、定期的な健康診断で早期発見を心がける方がいいと思います。
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555