獣医師 辞めたいと思った時に 〜後悔しない働き方〜

こんにちは。エキゾチックアニマル治療と統合医療のキキ動物病院です。

前回の記事、「働き方で運を良くする方法」では、ハートフォードシャー大学の心理学教授が調査した、【運を引き寄せる科学】の調査結果について、お話ししました。

運の良さ悪さは、生まれつきのものではなく、「運の悪い人」が「運のいい人」のように行動することで80%の人が運が良くなると感じ、また幸福感も強くなったとのことです。

運は単なる幸運でも超常現象でもなく、その人の【選択・行動】によるところが大きいことが明らかになったといいます。
獣医師。求人。エキゾチックアニマル治療と統合医療のキキ動物病院

では、逆に、機会(チャンス)を最大限に活かす行動をしないと、「運のいい人」にも悪いことが起こるのでしょうか。

結論からいうと、「運のいい人」でも、まずは行動しなければ、「運の悪い人」になっていくという調査結果が出ているとのことです。

つまり、たとえ行動した結果、思うような成果が得られなかったとしても、行動しないことには、幸運のサイクルに入ることはできない。ということなのです。

このことは、

『人はやった後悔はあまりしないが、やらなかったことを最も後悔する』

ということに関係します。

コーネル大学の心理学教授、ティモシー・ギロヴィッチによると、人々は失敗したことより行動を起こさなかったことを2倍後悔するといいます。

人は行動して失敗しても、後に正当化して後悔がないようにすることができます。「今のいい自分があるのは、あの時にこんな苦労(行動)をしたからだ。」とおっしゃる年長者の方は多いですよね。

逆に、何も試みなかったことについては、正当化することができないから、後悔することを防ぐことができないのです。
酸っぱいブドウ。獣医師。求人。エキゾチックアニマル治療と統合医療のキキ動物病院
もちろん、「酸っぱいブドウの理論」を使うことで、行動していないことを、後で正当化することも可能は可能です。

ですが、実際に何かしら行動をしている前者と比べると、実感が伴っている分、自分の中だけでも説得力が違うことは容易に想像できます。

さらに、歳を重ねるにつれて人は良いことだけを覚えていて、悪いこと(後悔するようなこと)は忘れてしまう傾向にあります。

ということは、行動して、思うようにいかなかった時に感じたことよりも、最終的には、行動して、得られた良い物事の方が、人生トータルで、より多く占めるということになります。

となると、単純に、多くのことを経験すればするほど、年老いたときには幸福感が増し、若い人に聞かせる武勇伝も増える。ということになるのです。
獣医師。求人。エキゾチックアニマル治療と統合医療のキキ動物病院。昔の記憶
そして、そもそも「運のいい人」は失敗について、くよくよ悩まず悪い出来事のいい面を見てそこから学びます。
そう、自分の人生や行動に対して楽観的なのです。

こういった楽天主義は、人を前向きにチャレンジさせるようになり、それがさらにより良い出来事が起こるようになります。
「運の良い人サイクル」へと入っていくようになるのです。

生まれつき運の悪い人、良い人というのは、データ的にはいないそうです。
ということは、今、この瞬間から、前向きに行動・チャレンジしていくことで、「運のいい人」となっていくことはあなたにも可能。ということになります。

これを読んでいる獣医師の中には、今はつらく大変な状況の人もいるかもしれません。

ほんの少しの勇気を出して、新しいことにチャレンジしてみてください。時間はかかっても必ず運気が向上していくはずです。

私たちは未来のあなたの可能性を信じています。

キキ動物病院では、代替医療やエキゾチックアニマル医療などの進化をテーマに、日々、より良い動物医療実現のためにチャレンジを続けています。

あなたも私たちと一緒に、この瞬間からチャレンジしてみませんか。

キキ動物病院
072‐276‐3555(木曜以外の10:00~20:00)
大阪府堺市中区深井北町117‐3